銀行と消費者金融、どっちの方が即日振込を受けられる?

即日振込を利用したい方の多くは、一刻を争う状況に置かれている人でしょう。
そのため、なるべく早くキャッシングを受けられる銀行や会社を知りたいと思っているのではないでしょうか。
では、即日振込を受けるには、銀行と消費者金融のどちらが早いのでしょうか?
両者を比較してみましょう。


即日振込では消費者金融の勝利

融資のスピードで比べたら、消費者金融のほうが早いと言われています。
その理由の一つに、そもそも融資というのがローン会社特有のサービスであり、銀行がそれに参入したのは割と最近のことだからというのがあります。
ですからお金の借り入れに関しては消費者ローンの方が圧倒的に慣れていて、審査も徹底していますし即日キャッシングの制度が整っているのです。
一方で銀行は、提携している保証会社に審査などを委託しているため、審査に時間がかかると言われています。
だからスピードを重視したいと思っている方は、消費者ローンで即日振込を申し込むといいかもしれません。


金利の面は?

しかし、「キャッシングの金利においては銀行のほうが低いのではないか」と思う方もいらっしゃるでしょう。
確かに両者を比べると、大まかに言って4%~5%くらいの差は存在します。
ですが、多くの消費者ローンでは条件付きの無利息キャンペーンが行われています。
そのようなものを利用すると、金利の差を越えてお得にお金を借りることができるのです。
ただしこのキャンペーンには期限付きのものがほとんどですので、長期にわたってお金を借りたいという方は銀行のローンにするといいかもしれません。
自分のパターンに合うところの即日振込を受けましょう!

土日祝日に即日振込をしてくれる会社はある?

即日振込を受ける条件として、多くのローン会社が「平日の昼までに申し込みを完了させていること」というのを掲げています。
でも平日なんて仕事や学校で忙しいし、キャッシングの申し込みをしている時間なんてないですよね?
では、土日祝日に即日振込を行ってくれる会社はないのでしょうか?


休日でもお金を借りることもできる!

結論から言いますと、土日祝日でも即日振込を行ってくれる会社はあります。
消費者金融なら、自動契約機がある会社です。
大手のところで言えば、アコム、レイク、アイフル、プロミス、ノーローンなどです。
全体の流れとしては、電話などで申し込みと審査を行い、それに通ったら契約機で必要事項の記入を行い、その場でカードを発行してキャッシングを利用するといった感じです。
また、もう一つの方法として、消費者金融と提携している銀行を利用するというものもあります。
アコム等で審査を済まし、銀行の口座に振り込んでもらうという手法です。
どの銀行がどの会社と提携しているかはそれぞれ違うので、きちんと確認しておきましょう。


即日振込に備えよう

しかし、いざ借りに行こうと思っても、実際はある程度の条件をクリアしていないと即日振込の恩恵を受けることはできません。
借り入れの際には本人確認書類や収入証明書が必要な場合がほとんどですし、銀行を通して融資を受けるケースだとその口座を持っている必要があるわけです。
だから、余裕のある今のうちに、緊急事態が起こった際にまとまったお金が準備できるかどうかを考え、用意できないなと思ったら先に書類などを揃えておくとよいでしょう。
お金の借り入れには、しっかりとした準備が不可欠なのです。

フリーターでも即日振込でお金を借りられる

一般的にキャッシングの審査では、借り入れを申請した人の年収を見られます。
だから「自分のこの低い年収だとお金を借りられないかも……」と思っている人は多いでしょう。
特に収入に不安のあるフリーターの方には多いのではないでしょうか。
しかし、安心してください。
そんな方でも即日振込を受けることができるのです。


即日振込には「収入がある」という事実が大事

ローン会社が審査を通したいと思う人は、簡単に言ってしまえばきちんと利息をつけて返済を行ってくれる人です。
金融機関も営利を目的とした団体ですから、自分の利益になるような人にお金を貸したいのです。
だからたとえ年収が低いとしても、ちゃんと働いていて、収入があって、返済能力がある人ならキャッシングに申し込むことができるのです。
即日振込を申請する際には、借り入れ金額によっては収入証明書の提示を求められますが、それにも臆せずに、自分には返済する能力と意志があるということをアピールしていきましょう。


限度額には注意しよう

ただし、フリーターの方が即日振込の審査を受ける上で気をつけなくてはならないことがあります。
それは、借入限度額が低めに設定されるかもしれないということです。
限度額は、金融機関側がそれぞれの人の年収に合わせて決定します。
なので、低めに設定されても仕方がないと思ってください。
そして、自分の収入に見合った借り入れ金額を知り、その数字で審査の申請を行いましょう。
そうすることで審査に通りやすくなり、時には早く融資を受けることができるそうです。
なるべく低め低めに借り入れるように心がけましょう。

フリーローンの即日振込について

事業以外の目的に使え、一般的なカードローンよりも早く返済を行えるフリーローン。
金利が低めですし、初めてキャッシングするという方にも利用しやすいのがメリットです。
そんなローンの即日振込を利用するにはどうすればいいのでしょうか。


即日振込の審査では正直に

手軽とはいえ、まずは審査に通らないといけません。
窓口だけではなくネットや自動契約機で手続きを完結させる場合もありますが、そのときに必要なのは、当たり前のことですが書類で嘘の記載をしないことです。
特に自分の年収に自信がない人は、多めに書きたくなってしまうときもあると思います。
しかしその嘘が判明した瞬間に、あなたの信用は損なわれ、もうキャッシングを利用できなくなってしまうかもしれないのです。
即日振込を受けるためにも、気をつけましょう。


審査の時間を短くするコツがあった!

フリーローンの場合、たいていの会社では低めに借り入れ限度額が定められています。
中には50万円までという会社もあり、そのような額だと「低すぎない?」と思われがちです。
でも、即日振込を利用したいなら、そのくらいがちょうどいいのかもしれません。
なぜなら、自分の収入に見合う額を借り入れたほうが、審査が早く終わると言われているからです。
自分の収入では無理のある金額を借り入れしようとすると、金融機関側が「本当にこの人にこんな大金を渡してよいのだろうか」という審議をし出してしまい、時間が延びてしまうのです。
とにかくスピード重視という方は、自分の収入にあった額を考え、予めローン会社側に提示しておくとよいでしょう。